表彰楯とトロフィーのどちらを選ぶべきか

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ大会やさまざまなコンテストを行う際、優秀な成績を収めた人によく記念品が贈られますが、どのような基準で、何を選んだらいいのか迷ってしまうという方も多いでしょう。代表的な記念品としては表彰楯とトロフィーがあり、どちらも表彰に使われるものですが、それぞれに特徴があるためどちらでもよいというわけにはいきません。楯は、敵の攻撃から身を守るための道具である楯が元々のモチーフとなっているため、楯のように平たい形状をしていることが大きな特徴となっています。そしてトロフィーは、土台に彫像が付けられたものなどがあり、縦長の形状をしているのが特徴です。ここでは、目的などに応じて、それぞれ特徴を持っている記念品のうちどちらを選んだらいいのかということについて紹介します。

見た目の違いによって選んでみる

まず、見た目の違いによる選び方としては、表彰楯の場合だと、大会のMVPといった個人への評価や1年間の成績を表彰するなど、順位をつけないような場合に向いていると考えられます。楯はサイズによるバリエーションがあまりなく、見た目での違いをつけづらいため、順位に対して贈る場合にはあまり向いていません。ですが、楯は平たい形状をしているため、多くの文言を記載する必要のあるような場合には適していると言えるでしょう。
一方のトロフィーは、サイズのバリエーションが多く、見た目の違いが分かりやすいため順位に対して贈るのに向いています。特に大きいサイズのものは見た目が豪華で迫力があるため、大会をより盛り上げたいという場合に取り入れるとより効果的でしょう。また1つの大会において、楯とトロフィーの両方を使って表彰を行うという方法も選択肢の一つとして検討するとよいでしょう。

カスタマイズやアレンジを考慮して選ぶ

次に、カスタマイズやアレンジのしやすさについてそれぞれの特徴を知っておきましょう。表彰楯の場合だと、平たい形状をしていて表面積が広いため、要望に応じてさまざまなパーツを取り付けることができるというメリットがあります。大会などの独自のマークをつけたり、多くの文字を並べることができますし、さらに楯として使用する板の模様や色を好きなものに変えるということも可能です。
一方のトロフィーは、楯に比べるとカスタマイズできる部分が基本的に少なくなってしまう傾向があります。ですが、土台部分を独自のデザインにしたり、素材の加工の仕方を変えることによって見た目を変化させるというカスタマイズは十分に可能です。それに最近では、本体の上部分に独自のマークやボールなどのスポーツをイメージしたものを取り付けるといったサービスもあります。

オリジナルロゴが彫刻出来るセミオーダートロフィーを多数取り扱っております。1個からOK! トロフィーは社員のモチベーションアップや感動のシーンをより一層輝かしく演出するお手伝いをいたします! 短期即納!彫刻機完備のため文字刻印は即日対応可能。最短で翌日発送も可能です。まずはご相談下さい! 表彰楯の情報や作成のご依頼はこちらで!

ピックアップ記事

表彰楯の購入方法と選び方を考える

表彰楯の購入方法ですが、スポーツ店や文具店、ギフトの専門店で扱っていることが多く、競技やコンクールの内容によっていろいろなデザインを選ぶことができます。一言に楯といっても様々なデザインのものがあり、ど...

オリジナル文字彫刻で表彰楯を作る

子供のころに大会などで優勝し、メダルやトロフィーをもらって嬉しい気持ちになったことがある方も多いのではないでしょうか。優勝したという事のうれしさのほかに、そのことを目に見えるような形にしてあらわしてい...

オリジナルでデザインが可能な表彰楯

人生における節目のタイミングやコンクール等で優秀な成績を残した方に、それを表した記念品をお渡しすることがあります。その記念品にふさわしいのが表彰楯です。市販されている他の品物を選ぶよりも、その機会のた...

珍しい表彰楯でも種類が豊富にあるので選び放題です

何かしらの催し物を開催するような場面があります。スポーツ系や文科系のイベントなどは有名ですが、一般的な会社や団体、サークルの場合でも特別な催し物がある場合で、優れた成績を出した方に対して表彰を行うこと...